NEWS

【コラム】中国商標出願の出願方法と選び方

2021.2.1

中国商標出願には直接出願(パリルート)とマドプロ出願がありますが、これらの出願方法を選ぶポイントをご紹介します。
優先権を主張した直接出願が最もポピュラーな出願方法になります。セントラルアタックの危険性がないため権利が安定するというメリットがあります。さらに中国特有のメリットとしては、登録証が発行されること、中国漢字に対応できることが挙げられます。多くの国と異なり、中国では商標権の権利行使の際に登録証を裁判所へ提示することが義務付けられています。マドプロ出願では登録証が発行されるまでに時間がかかるため、迅速な権利行使のためには直接出願が有利です。また、中国固有の商品や役務も直接出願が向いています。
区分表にない商品や役務の場合はマドプロ出願にすると良いでしょう。マドプロ出願では「指定商品・役務」の事後指定・追加が可能です。
 
出願方法を検討する際にはこれらのポイントを参考にすると良いでしょう。

中国出願を検討されている方はぜひ弊所にご相談ください。弊所には多数の中国語翻訳スタッフが在中しております。翻訳者、技術者、チェッカーの三位一体で高品質な翻訳をいたします。ご相談、お見積りは無料で行っております。

お問い合わせはこちら

中国出願関連のコラムは他にもございます。ぜひご覧ください。

【コラム】中国で冒認商標出願が多い理由

【コラム】中国の冒認商標出願への対策

【コラム】中国商標出願~ひらがな・カタカナの商標~

【コラム】中国出願で活用できる補助金

【コラム】中国商標出願の動向~オンライン出願とAIサービス~

【コラム】中国の特実同日出願制度

【コラム】中国第四次改正専利法の注目点

pagetop