資 料

DOCUMENT

無料公開資料について

吉川国際特許事務所では、知的財産権に関しての基礎知識を学んで頂けるように、無料で資料を提供しております。 お役に立てれば幸いです。

配布中の資料一覧

  • 実用新案のご紹介
  • 実用新案の知名度は特許に比べて低くなっておりますが、実は特許に負けず劣らずのメリットがございます。
    そのため弊所では、特に中小企業の皆様にお勧めさせていただいております。

  • 知的財産権に関する補助制度について
  • 当資料は、「国際出願に係る交付金」と「知的財産権取得に係る助成制度」の二本立てとなっております。
    国際出願に係る交付金では、主に中小企業、中小ベンチャー企業、大学、独立行政法人等のお客様が、特許庁から受けられる補助金制度についてご説明しております。
    知的財産権取得に係る助成制度では、各地方自治体(特に大阪府)が展開している助成金制度についてご説明しております。
    加えて、新型コロナウイルス感染拡大に伴う特許庁の対応についてもお話しさせていただきますので、現在出願検討中の方や、知的財産権の運用にお悩みの方は是非ご一読ください。

  • 中国への特許出願について
  • 当資料では、中国出願の際、パリルートとPCTルートどちらを活用するのがより有効なのかについて説明しております。
    中国には、特実同日制度といった中国独自の制度の存在や、近年専利法(中国の特許法)が大改正されたことから、特許出願がかなり複雑になっております。
    また、中国では、実用新案権制度がかなり重視されておりますので、日本の実用新案権とどのように異なっているのか、またその取得方法についても一緒にご説明しております。

  • 特許の国際出願について
  • 当資料では、特許の国際出願に係るパリルートとPCTルートについて説明しております。 制度にはそれぞれ一長一短があり、企業戦略によって取るべきルートは異なります。
    そのため、制度の仕組みや手続きから必要費用まで、詳しくご説明させていただきます。
    日本国内市場の縮小と経済のグローバル化により、企業のグローバル戦略は今後より一層重要になってまいります。

pagetop